第43回新年ハイク

2011年1月2日~3日 新年ハイク
毎年ボーイ隊主導で年始に新年ハイクが行われている。
新年ハイクとは、大和1団創立の頃から実施されている元旦深夜に丹沢塔ノ岳に登り日の出を見る行事である。
山に登るので登山になるが、なぜかハイクと呼んでいる。登山経験者から言わせるとハイキング程度の登山だからだろうか。もうひとつ、登る山は塔ノ岳だが、誰が間違えたのか、昔から1団のみんなは塔ヶ岳と呼ぶ。
日本人としては元旦と言えば初日の出を見るのであろうが、教会団としては太陽を拝む習慣は無い。
よって、元旦は元旦礼拝に出席するために予定を開けておかなくてはならない。
なので、新年ハイクは1月1日の夜に出発し、2日の日の出を見るのである。
今年は2日が日曜日に重なってしまったので、2日の夜に出発し3日の日の出を見るスケジュールである。
参加者は、ボーイ隊の中学生以上、ベンチャースカウトやローバースカウト、各隊の指導者が参加します。
教会関係者も参加する事もあります。
9時に集合し準備を整えます。
yk_005_060.jpg 塔ノ岳山頂にある尊仏山荘に差し入れのみかんを持って行っています。
登山コースは決まっていませんが、ここ十年ぐらいは二俣から小丸尾根を通るルートです。
二俣近くの県民の森駐車場まで団委員、リーダーに送ってもらいました。
yk_005_000.jpg yk_005_001.jpg
気温+1.1度
二俣でいったん休憩し夜食をとります。
yk_005_002.jpg yk_005_003.jpg
午前1時過ぎ出発。到着目標5時、山頂まで約4キロ、頑張って行ってきます!
yk_005_005.jpg yk_005_006.jpg
直前に降った雪でうっすら白くなっています。
yk_005_008.jpg yk_005_009.jpg yk_005_010.jpg
登り始めて2時間半 夜景が見えてきました。あと少しです。
年寄りにはきつい!やっとでみんなについて行っています。
yk_005_011.jpg yk_005_012.jpg yk_005_013.jpg
だんだん雪が深くなってきました。 山頂まで600m 5時まであと20分
山頂に5時前に着かないようにしなくてはならないので、ペースを落とし時間調整をします。
yk_005_014.jpg
5時ぴったり。山頂に到着しました。
一人の脱落者や遅れも無く登る事が出来ました。一番へたっていたのはリーダーです。
普段使わない旧尊仏山荘の暖房と明りの準備をして頂き中に入れてもらいました。毎年使わせて頂き感謝です。
yk_005_015.jpg yk_005_016.jpg yk_005_017.jpg
早速温かい食べ物の準備です。 カブ隊長は毎年鍋焼きうどんです。
yk_005_020.jpg
食後は6時50分の日の出まで暖をとります。
yk_005_018.jpg
塔ノ岳から東側を望みます。黒い影は大山です。厚木基地はわかりますが、南林間は発見できません。
yk_005_019.jpg
午前6時 気温-6.8度
保温をしていないペットボトルはシャーベットになり、おにぎりは凍っています。
yk_005_021.jpg yk_005_022.jpg
日の出を待つスカウト達      日が昇ってきました。
相模川、江の島、三浦半島、房総半島まで見えます。
日が差すと急速に温かくなってきます。太陽の力は偉大です。
今年もよい天気で日の出を見る事が出来ました。ここ数年晴天続きです。
しかし、地平線?水平線?付近には必ず雲があります。 なぜだろう??
yk_005_023.jpg
恒例の制服での記念撮影。
今年はいませんでしたが、裸になるスカウトもいます。 登山客の見世物になっています。
山小屋の主人が就寝する時には雪は降っても積もってもいなかったそうです。
今回山頂で見てみたかったものは、「スカイツリーです」
yk_005_024.jpg yk_005_025.jpg yk_005_059.jpg
大人には見えませんでしたが、スカウト達には見えたそうです。 
スカウトが指さす方を撮影し、帰ってから拡大してみたら棒状に黒い物が見えました。
来年には点滅灯も点くだろうし、もう少し良く見えるかもしれませんね。双眼鏡が欲しい!
下山します。
今年は登山口まで送ってもらったので、同じ登山口に戻る必要が無く別ルートで下山します。
久しぶりに大倉尾根を通る事にしました。
yk_005_026.jpg yk_005_027.jpg yk_005_028.jpg
年寄りには恐怖の下山です。
スカウト達は走るように下りて行きますが、膝にきます。歩く事も出来ないぐらい痛くなります。
yk_005_029.jpg yk_005_030.jpg
山頂から5.4キロ、ここまで2時間で降りてきました。
朝の時間大倉尾根コースは登る人が多く、狭いところではかなりの時間待ちました。あと少し!
yk_005_031.jpg yk_005_032.jpg
午前10時半、迎えの団委員やリーダーの待つ大倉バス停に到着しました。
朝食を食べ車の中で就寝です。
今年も無事帰ってくる事が出来ました。
バックアップして頂いた団委員会には感謝です。
(yk)
新年ハイクに回数を追加しました。(2018/1/10)

関連記事

おすすめ

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


大和第1団

大和第1団

大和第1団は、神奈川県大和市南林間を拠点として活動しています。キャンプや、ハイキング、野外料理、ボランティア活動など、1967年から50年以上続けてきた伝統ある団です。指導者はすべて専門の訓練を受けたボランティアです。カンバーランド長老キリスト教会 高座教会を母体としています。

お問い合わせ

住所:
〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-14-1
カンバーランド長老キリスト教会高座教会
ボーイスカウト大和第1団
団委員長 和田一郎
電話:046-274-1370

TOP